カテゴリー: PCやソフトの使い方

iPadでExcelを使う方法のひとつ。Office Web Apps

iPadを持ってる人が一度は考えたことがあること。

「これでMS Office(特にExcel)が使えればいいのに…」

はい、私もその通りです。で、それにトライした多くの方々がブログなどでその苦労を書かれてますね。類似のアプリを使ったり(QuickOfficeProだったりDocuments to GoだったりAppleのNumbersやKeynoteだったり)、Googleドキュメントに手を出したり…。

しかしどの方法もOfficeとの互換性に多かれ少なかれ課題があることに変わりはありません。なかには、Windowsパソコンにリモート(LogMeInかな)でログインしてみたりする強者もいましたが、これはこれでかなりスキルや設備のある人じゃないと無理ですし。

うーん、やっぱり無理なのか、MSがiPad用Officeを出すまで待たねばアカンのか…と思っていたのですが、ひょんなことから解決策を見つけました。

昨年辺りから、MSは「Office365」と称してOffice機能を含めたクラウド形式のグループウェアを推進しようとしています。本来は有料のこのサービスですが、同社のクラウドサービスであるSkyDriveのユーザーには、このOffice機能(Office Web Apps)がクラウドサービスとして提供されています。しかも無料

要は、インターネットにつながっていればブラウザのなかでOfficeが動く、というものですね。…ということは、そうです、iPad(のSafariのなか)でもOfficeが動くのです!

「これか、これなのか!」と思って試してみたところ、まさに「これ」でした!

画面は、こんな感じです。

互換性に関しても、普通のOfficeと100%完全互換、というわけではなさそうですが、他社アプリなどに比べれば、なんといっても本家MS自身のサービスですから、その度合いは比べ物になりません。互換性については以下のページに記載がまとめてありました。

ただし、VBA周りは弱そうですね。このあたりは、一口に「Excel」と言っても、Excelのどの機能を必要としているかによって、どの代替方法が適切かは変わってくるので、自分にある方法を選べばいい、と割り切ったほうがいいでしょう。私のとってはこのOffice Web Appsはかなり有効です。

また、クラウドサービスですから、売切のアプリよりも今後の機能強化も期待できそうですし。

それと、もちろんネット回線は必須です(このへん、ウェブのオフライン機能が充実していけば、ネット回線はゆくゆくは必須ではなくなっていくのかな?)。Wi-Fi環境なら快適に動きますし、ためしにServersManの格安SIM(500円/月)を入れたWi-Fiルーターでも、若干もっさりするけどちゃんと動きました。

これで、制限付きとは言え「Excel入りのiPad」を手に入れたことになりました。しばらくはこれを使っていこうと思います。

「Excel入りのiPad」に関心のある方は、一度試してみても損はないと思います。

広告

Thunderbird で大きい添付ファイルを送るとエラーになるのを解決した

先日、ラオス駐在のスタッフから「Windows の Thunderbird で、2ヵ月くらい前から大きい添付ファイルをつけると送信できなくなったんだけど」と聞きました。

普段1メガ以上の添付ファイルを送らないので気づきませんでしたが、ためしに5メガの添付ファイルを送ろうとしたところ、たしかにタイムアウト(timeout)的なメッセージがでて送れませんでした(バージョン3.1.5)。でも、以前は送れたような気がするんだけど…。

検索したところ、下記ページに解決策が載ってました。

それは、about:config の画面で network.tcp.sendbuffer の数字を16384などの小さい数字にすること。about:config の画面は、ツール→オプション→詳細→一般→設定エディタで表示されます。

これで効果てきめん、送信できるようになりました。これが最適解かどうかはわかりませんが、解決策のひとつということで、同じ症状にお困りの方はご参考までに。

あなたのパソコンは、あなたのためだけのものじゃない:グリッド・コンピューティング

あなたのパソコンは、毎日仕事してますか?

パソコンなどのコンピュータから見れば、人間のユーザーが入力・指示するタスクのために費やす作業時間は実はほんのわずかで、その他に大量の「空き時間」が存在するのです。もちろんCPUパワー100%で動作することもありますが、それはごく一部・一過性のこと。たいていはユーザーからの「次の指示」を待っているわけですね。

「なにをぅ、なまけとるんかいこのパソコンは!」とお思いになられましたか? そんなあなたに、その「空き時間」を有効に使って(一種の)社会貢献してくれる仕組みがあるのです。

“あなたのパソコンは、あなたのためだけのものじゃない:グリッド・コンピューティング” の続きを読む

スパムメール対策と言えばPOPFile。インストールから設定、使い方まで説明します。

Otto, the POPFile mascot

【2012/9/29追記:元記事から大変時間があきましたが、Becky2用の記述を追記しました】

朝一の仕事が前の日の夜中に来ていたスパムメールをごみ箱フォルダに叩き込むこと、という方は結構いらっしゃるかもしれません。

世の中にはさまざまなスパムメール対策がありますが、ここ数年個人的に利用していて、上のような虚無感と怒りに満ちた作業をまったくせずに済んでいる方法を書いておきます。POPFileという、自動メール振り分けツールを利用する方法です。

過去の学習の結果、現在では99.9%以上の精度でスパムメールを分類してくれますので、非常に快適です。しかも無料! 今回はインストールから設定までの手順を詳細に説明しますので、ぜひ参考にしてください。

“スパムメール対策と言えばPOPFile。インストールから設定、使い方まで説明します。” の続きを読む

これであなたもiPhoneユーザー? AIR iPhone

AIR iPhone

ずいぶんとブログの更新に間があいてしまいましたが、また再開します。

ついに iPhone が発売されましたね。個人的には国内販売はあと1年後くらいかなと思っていたのに、発表後、あれよあれよという間にリリース。関係者の方々の尽力には頭が下がります。

しかし、SOFTBANKユーザーでない人にとっては、実際に触れる機会もまだまだ少ないですし、乗り換えにためらうのも事実。そこで、パソコン上で動くiPhone、”AIR iPhone” というのを教えてもらいましたので紹介します。

“これであなたもiPhoneユーザー? AIR iPhone” の続きを読む

拡張子が docx や pptx のファイルを見るには: MS Office互換機能パック

「メールで『 Word のファイルを添付したので見ておいて』と言われたけど、その添付ファイルが開かないんだ」というようなことを、最近何回か聞きました。

調べたところ、その添付ファイルは、Microsoft のオフィス製品の新しいバージョンである Office2007 で作られたものであることがわかりました。拡張子(ファイル名のピリオド以降の最後の部分)が、doc ではなく docx となっていたからです(ちなみに、Excel は xlsx, PowerPoint は pptx となっているようです)。

“拡張子が docx や pptx のファイルを見るには: MS Office互換機能パック” の続きを読む

ウェブサイトを端が切れないように印刷するには

ウェブサイトを端が切れないように印刷するには

今見ているウェブサイトのページを印刷したいことってありますよね。例えば、外出先の地図を印刷したり、訪問先の情報を道すがら読んでいくために、とか。

ですが、実は、思ったように印刷できなかったことって結構ありませんか? ありがちな例をあげてみました。

  1. 右側の端が切れてしまう(これが一番多いかな)
  2. ところどころにポコッと印刷されない部分がある
  3. 画面の一部だけでいいのに、いちいちページ全体が印刷される

そこで、無駄な裏紙をこれ以上生産させないためにも、Windows において、なるべく失敗しない印刷方法をいくつか考えてみましょう。

“ウェブサイトを端が切れないように印刷するには” の続きを読む