カテゴリー: その他

『サッカーと独裁者』を読みました

原題は、”AFRICA UNITED -How Football Explains Africa-“。

2006年からケニアのナイロビに新聞記者として駐在した英国人の著者(アストン・ヴィラのサポーター)が、紛争や貧困といったアフリカの暗い話題以外の記事を書こうとして、各国の政治や社会の問題を、サッカーの視点(その国の代表チームだけでなくリーグ戦や街角でのサッカーも)から描くことはできないか、として各国を回って取材したものです。

10の章があり、一章ごとに1 〜2カ国を取り上げ、その国に赴いてサッカー関係者などにインタビューを重ねたり実際にサッカー観戦しています。外国人による取材が制限される国や地域ではその苦労ぶりも垣間見れます。

近年のその国の歴史を振り返ることで社会概要をとらえ、そこから何がその国の問題なのかも提示します。そのなかでは、政治や選挙のためにサッカーが文字通り利用される場面もあれば、サッカーこそが唯一の希望であるかのような国もあります。一口に「アフリカ」といっても、そのどれもに独自の歴史や社会を持つ人々が暮らしており、取り上げられている国も、章順に、エジプト、スーダンとチャド、ソマリア、ケニア、ルワンダとコンゴ民主共和国、ナイジェリア、コートジヴォワール、シエラレオネとリベリア、ジンバブエ、そして南アフリカ、と多種多様です。

例えば、コートジヴォワールにとってのドログバ選手は、単なる優秀な一サッカー選手ではなく、おそらく敗戦後や高度経済成長時の日本にとっての美空ひばりや長嶋茂雄といったアイコンのような存在なのでしょう。しかし、この本ではそうした有名人ばかりではなく、普通の市井の人々がサッカーにどう関わって暮らしているのか、も描かれています。

オーガナイズが行き届いたJリーグを見慣れた者にとっては、アフリカ各国のサッカーを取り巻く混沌さを読むと、まるで熱病にかかったかのように頭がクラクラして妙に息苦しくなってきます。この辺りは著者と訳者による記述の妙、といっていいでしょう。

それぞれの章自体は短編といってよく、その読後感は章によってそれぞれですが、個人的にはソマリアが好みでした。

残念なのは、取材期間が2006年から2010年初頭となっているので、アフリカ初開催となった南アフリカワールドカップのことが入っていないことと、やはりもう少し章ごとにボリュームが欲しかったところでしょうか。

もちろん、実社会のなかでサッカーによって変えることができる範囲など、たかが知れているのかもしれません。しかし、サッカーならばできることもある。多くの人々を集め、一つのことに向かって歓喜できること。そうしたことが、社会を少しでも良い方向に向けるために役立つのであれば、サッカーも捨てたものではないのかもしれません。

ただ、そうした希望をあっさりと打ち壊すのに十分なほど、今のアフリカ各国がいまだ多くの社会的課題を抱えていることもまた真実で、それを改めて教えてくれる一冊です。

広告

『ビッグデータの衝撃』を読みました

この本も、「なぜもっと早く読まなかったのだオレは」本ですね。

自団体の支援者データに対して、もっと分析をして効果的な広報や支援者対応ができるのではないか、そのためには「支援者には多分こういう人が多いはず」といった思い込みでなく、きちんとデータ分析をした上で取り組みたい、という考えから手に取りました。もちろん、このレベルよりももっと基礎的な統計的基礎を踏まえてでないと、ということはわかってますワカッテマス。

ちまたで聞くようになった「ビッグデータ」というものについて、わかりやすく書いてくれています。いくつかキーとなる考え方をメモしておきます。

ビッグデータの特徴

データを取り扱う仕組みはこれまでにもあった。それとビッグデータは何が違うのか。

  • Volume:データ量が極端に多い
  • Variety:多様なデータ、正規化されていない(既存のRDBに入れにくい)データ
  • Velocity:発生頻度や更新頻度が極端に速い

ビッグデータの活用パターン分類

個別最適・バッチ型
・購買履歴を元にした個別クーポン配信
・コピー機の故障予測
個別最適・リアルタイム型
・オンラインストアでの商品リコメンド
全体最適・バッチ型
・SaaSの機能改善
・ウェブサイトの導線改善
全体最適・リアルタイム型
・飛行機便の遅れ予測

ビッグデータの活用レベル

以下の順で一歩ずつ進めていく必要がある、と。

過去/現在の把握
 ↓
パターンの発見
 ↓
予測
 ↓
最適化

活用のための戦略フレームワーク

コア・社内
自社独自のデータで、他者にとっても価値のあるデータ
・POSデータ、会員の購買履歴など
コア・社外
他者独自のデータで、自社にとって利用価値の高いデータ
・他社サービスの会員情報など
コンテキスト・自社
自社独自のデータであるが、差別化にはつながらないデータ
・財務データや社員の個人情報など
コンテキスト・他者
外部から比較的容易に入手可能なデータ
・地図データ、政府公開データ、Facebookのプロフィールなど

これらを活かすために

読むほどになるほどなるほど、という感じでした。なんとなく出来そうだなとイメージできたのは、【1】個別最適・バッチ型(コア・社内としての支援者データに対して、支援者への個別アプローチ、そのための過去の把握〜パターンの発見)、【2】全体最適・バッチ型(サイト改善)、の2つでしょうか。

次は、統計の基礎の本を読むのと同時に、前に読んだ『集合知プログラミング』もちょっと読みなおしてみようと思います。

いまさらですが『夜と霧』を読みました

少し前にNHK『100分で名著』という番組でこの本を取り上げており、そこでは「震災後、被災地でこの本が多く読まれている」というかたちで紹介されていました。

恥ずかしながらいままで読んだことがなかったので、これを機会に読んでみました。太平洋戦争での敗戦後、多くの方が読んで励まされたというこの本が、いま震災被災地で読まれている、というのはどういうことなのか。

結果、「なぜもっと早く読まなかったのだオレは」本の今年第一号となりました。

本の内容自体はさまざまなところで紹介されていますし、たとえ僕が本書のなかで「ここが核心だ」と思った部分をここに引用したとしても、その前後の過程を踏まえてでないと、おそらく正確に理解・把握することは難しいように思えます。なので、ぜひご自身で読んでみてください。後悔はしないでしょう。もしかしたら、つらい時に読んだほうが効くかも。

世の中と自分の人生とに絶望しかかっていて「この先どうやって生きていけばいいのか」という人に対して、「人生を生きること」をどう捉えればいいのか、というヒントが示されています。ただ、「世の中にはこんなに過酷な状況の人がいるんだから、オレなんかが泣き事を言ってはいけない」というような「下には下がいるのだから我慢しろ」的な発想ではないのでご安心を。

そして、震災被災地で読まれているということは、「そのようにして考えざるを得ない」ほどまでに追い詰められた人たちが今もまだ多くいる、ということであると思うので、そのことはきちんと覚えておかなければならないことでしょう。でも、別にそれほどでなくても、将来にむけて不安を持っている人にとっても、今後を考えるヒントにはなるのではないでしょうか。うーん、でも若い人にはどうかなー…

もちろん、この本を読んだからといって、その人の人生が楽になる、ということはないでしょう(そんなん逆にコワい)。しかし、ちょっとは楽になるかもしれない、自分の周りにあった夜や霧が晴れるかもしれない、そんな本です。

『差別と日本人』を読みました

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)

元自民党議員の野中広務氏に対する、論説活動などで知られる辛淑玉氏によるインタビューです。そのインタビューの合間に、話題に関する背景情報やエピソード、辛氏の見解が入る、という構成の本でした。 野中氏の年少の頃からのライフヒストリーを追っていく中で、辛氏の広範な関心分野を踏まえて質問していく形です。

“『差別と日本人』を読みました” の続きを読む

昨日、cssniteに出席してきました

8月20日に銀座アップルストアで行われた下記イベントに出席しました。

テーマはIA(Information Architecture)。今年3月にアメリカで開かれたIA Summitの内容をかいつまんで報告される、といった内容でした。気になった点をメモしておきます。

  • 「もはやIA(Information Architect)はUxD(User Experience Designer)を名乗るべきでは」というIAグルの発言に会場のIA達が動揺した件
  • ファセット分類をサイト制作にどう適用させるべきか(回答例が提示されたわけではない)
  • 1企業=1ブランドサイトか、1企業=多ブランドサイトか:どこまで見た目を統一させるのか
  • ウェブサイト制作における納品物の標準化への挑戦
  • ウェブサイト制作における納品物毎の、各関係者にとっての重要度が異なることの明示
  • IAの範囲をどう捉えるか(狭義のIA=small IA、広義のIA=big IA≒総合プロデューサ:どちらが正しいというわけではないが)
  • サイトページの各パーツ部分にどんな内容が該当するのかはほぼ確定された
    • 画面上部(ヘッダー+グローバルナビゲーション)=CONTEXT(文脈)
    • サイドバー=RELATED(同じ階層の関連情報)
    • 内容部分=CONTENT(内容)
  • UX(User Experience)の定義(?)
    • 混乱や面倒なしで、顧客の的確なニーズを満たすこと
    • 所有する楽しさ、使用する楽しさを生みだす「簡素さと優雅さ」

ここでは、「納品物=ドキュメントの標準化」という文脈から、今後MKをつくる上で作成することになるドキュメントもなるべくここで公開していきたいのですが、どこまで標準的なものを作ってかつ公開できるかなぁ、と思ったことを記録に残しておきます。

なお、このcssniteというイベントは、良心的なことに当日のプレゼン資料や録音データをウェブで公開されますので、興味のある方は公式サイトをご覧になってはいかがでしょうか(上にあげた項目も、公開されているスライドを参照しています)。

NGOはなにを「売り」にできるのか

いや、なにもたいそうなことでなく、以下の記事を読んだことに瞬間的に反応しただけです。

以前から、NGOの売りは、「人」「活動」「理念」の3つしかない、と考えています。これは言い換えれば、「だれが・どんな人が(who)」「なにを(what)」「どうして・なにを目指して(why)」となりますね。

NGOの一般的な広報の場合、「なにをしているか」が前面に出てしまう場合が多いように思うのですが、それだけでは他団体との違いは生まれづらいです。一見同じような活動をしていても、なにを目指しているか(どうしてそれを実施しているのか)でその活動の意味は大きく違ってくることもあります。

こうしたことをキチンと提示すること、目に見えないさまざまな事柄やつながりを可視化することが、NGOの広報やコミュニケーションデザイン(?)に求められていると考えます。

…いや、別にNGOにかぎったことではないんですけれども、そう思った、ということです。

市川市民納涼花火大会に行ってきました

地元である千葉県市川市の花火大会から帰ってきたところです。天気が良かったせいで人出でも多く、もちろん花火も素晴らしく、行ってよかったです。

この花火大会は例年100万人を超える方々が見に来る大規模なものなのですが、これだけ多くの人が一堂に会するイベントって、よく考えてみるとなかなかないですよねぇ。やっぱり日本人は伝統的に花火が好きなのでしょうか。

次々に大きく花開いては消えていく花火を見ているうちに、「なにかしらこの花火の持つエッセンス(?)をwebに応用できないだろうか」とか考えました。華やかさ? 連発する迫力? 色とりどりなあざやかさ? それともはかなさ? バリエーションの多さ? 打ち上げ順などの演出? はたまた水辺のさわやかさ? 会場に向けて人の列に参加していくわくわく感? たくさんの人とイベントを同時に体験すること? まだまだ出てきそうですね。

なんにしろ、これだけ多くの人々を魅了する”花火”。その魅力のほんのちょっとのエッセンスでも、webに取り入れることができたら、ちょっといいものがつくれるんじゃないでしょうか。課題のひとつとして持っていようと思います。