拡張子が docx や pptx のファイルを見るには: MS Office互換機能パック

「メールで『 Word のファイルを添付したので見ておいて』と言われたけど、その添付ファイルが開かないんだ」というようなことを、最近何回か聞きました。

調べたところ、その添付ファイルは、Microsoft のオフィス製品の新しいバージョンである Office2007 で作られたものであることがわかりました。拡張子(ファイル名のピリオド以降の最後の部分)が、doc ではなく docx となっていたからです(ちなみに、Excel は xlsx, PowerPoint は pptx となっているようです)。

これは、Office2007 から導入された新しいファイル保存形式で、従来の Office2000 や XP, 2003 などでは(そのままでは)読み込めないようです。そこで Microsoft のウェブサイトを見たところ、対処方法が掲載されていました。

「これをインストールすれば、あなたの使っている Office でも docx や xlsx が読み込めますよ」というわけです。詳しい手順は、上のページのほかに、以下のページにも詳しく書かれていました。

実際にインストールしてみたところ、無事読み込めました。思い当たる方は、試してみてください。

また、逆に自分が Office2007 を使っている場合には、Office2007がまだ普及しきっていない現時点では、他人に渡すファイルを保存するときに、2007形式ではなく、従来の doc や xls といった拡張子になるように保存したほうがいいかもしれませんね。「もらったファイルが開かないよ」と言われないためにも。その方法は、以下のページに Excel を例として書かれていました。

ご参考までに。

広告

拡張子が docx や pptx のファイルを見るには: MS Office互換機能パック” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中