ウェブサイトを端が切れないように印刷するには

ウェブサイトを端が切れないように印刷するには

今見ているウェブサイトのページを印刷したいことってありますよね。例えば、外出先の地図を印刷したり、訪問先の情報を道すがら読んでいくために、とか。

ですが、実は、思ったように印刷できなかったことって結構ありませんか? ありがちな例をあげてみました。

  1. 右側の端が切れてしまう(これが一番多いかな)
  2. ところどころにポコッと印刷されない部分がある
  3. 画面の一部だけでいいのに、いちいちページ全体が印刷される

そこで、無駄な裏紙をこれ以上生産させないためにも、Windows において、なるべく失敗しない印刷方法をいくつか考えてみましょう。

実は、世の中には「ウェブサイト印刷専用のソフトウェア」もいくつかあり、それをインストールすればたいていの問題は解決するのかも知れませんが、それらはあくまで最終手段、ということで、ここではそれ以外の方法を考えることにします。

まずは、自分が使っているブラウザを確認

ウェブサイトの印刷は、通常はウェブブラウザから行いますよね。ウェブブラウザにはいくつかの種類があります。その種類によって、どのように印刷ができるかが変わってくるので、まずは自分がどのウェブブラウザを使っているのかを確認しましょう。代表的なものをいくつかあげてみます。

Internet Explorer 7 (以降 IE7)
最近パソコンを買った人はコレかも。アイコンは、青い “e” に黄色い輪っかがついている。
Internet Explorer 6 (以降 IE6)
現時点では一番使っている人が多いのがコレでしょう。アイコンは、青い “e” だけ。
Firefox
firefox icon
コンピュータに詳しい人はコレかも。
Netscape
netscape icon昔に詳しい人に設定してもらったパソコンをそのまま使っている場合はコレの可能性もあり。

1. 右端が切れてしまう問題

右端が切れてしまう問題

左側のように右端が切れている部分をきちんと印刷したい、ということです。

真っ当な方法で解決してみる

印刷時の余白を調整する

まずは基本としてこれを試してみましょう。「端がちょっとだけ切れる」という場合は、これで解決します。

Internet Explorer 7
余白設定:IE7 [印刷プレビュー]→マージン指定をドラッグ
Internet Explorer 6
余白設定:IE6 [印刷プレビュー]→[歯車のアイコン]→[余白指定]
Firefox
余白設定:Firefox [印刷プレビュー]→[ページ設定]→[余白とヘッダ/フッタ]
Netscape
余白設定:Netscape [印刷プレビュー]→[ページを設定]→[マージンとヘッダ]

A4 横で印刷する

余白を調整しただけでは入りきらない場合は、いっそのことA4 横で印刷しましょう。これでたいていのサイトで右端まで印刷できると思います。ただし、「A4 縦印刷に比べて紙を使ってしまうのでそれがいや」という方は、プリンタ側に「複数枚のデータを一枚に印刷する機能」がある場合があるので、それを使いましょう。

縮小印刷する

そうです。縮小印刷ができるのなら、最初から問題ないんですよね。しかし、“最もユーザーが多い IE6 は縮小印刷ができない” ということが、『右端切れる』問題の最大の原因だと思うのです。しかし、IE7, Firefox, Netscape は縮小印刷ができるので、右端切れる問題とはそもそも無縁なのです。

Internet Explorer 7
縮小印刷:IE7 [印刷プレビュー]→[縮小して全体を印刷]
Firefox
縮小印刷:Firefox [印刷プレビュー]→[用紙に合わせて縮小]
Netscape
縮小印刷:Netscape [印刷プレビュー]→[自動調整]

ただし、IE7 と Firefox などでは、比較すると IE7 のほうがより正確に縮小印刷をしてくれるようです。Firefox では、「なぜここで改ページするの?」「なぜそこで全体が左側によるの?」といったことが(たまにですが)ありますね。

ちょっとひねった方法

PDF ファイルにしてみる

Adobe Acrobat のように、PDF ファイルを作成するソフトウェアがインストールされている場合では、ウェブサイトのページをいったん PDFファイル に変換してからそれを印刷する、という方法も考えられます。

※Acrobat Reader、Adobe Reader などは、PDF ファイルを見るだけのもので、PDFファイルを作成はできませんので注意してください。

ただし、「ブラウザから印刷を選んで、プリンタを選ぶ時点で印刷先を “Adobe PDF” 等にする」という手順では、おそらくブラウザのプレビュー画面と同じ見た目でPDF ファイルが作成されるので、IE6 では結局が切れたままのPDFファイルができるだけ、ということになります。

そこで、Acrobat のメニューから、[PDFの作成]→[Webページから作成] を選んでURLを指定すると、そのページのPDF ファイルを作成できます。おそらく横幅ぴったりの PDF ファイルが作成できるはずです。

また、ブラウザ側に、印刷とは別に、[WebページをPDFに変換] といったメニューがある場合もあるので、こちらを試してみるのもいいでしょう。

印刷用にブラウザをインストールする

お使いの OS が WindowsXP の場合には、いっそのこと IE6 から IE7 に移行してしまうというのも一つの手だと思います。ただし、ネット経由のサービス(金融機関の決済など)を利用している際には、サービス利用条件として IE6 を指定している場合がありますので、そのあたりは注意してください。

Windows2000 の場合は、そもそも IE7 自体がインストールできません。ですので、Firefox をインストールして、印刷のときだけ Firefox を使って縮小印刷する、というのはどうでしょうか。

次の Netscape ですが、実はこれはもうサポートを打ち切られている古いブラウザなので、これからこれをインストールすることはあまりオススメしません。

「自分のパソコンにインストールするのはどうも…」という場合には、すでに IE7 などが入っている他のパソコンで印刷する、というのも手ですね。

最終手段

それでもダメな場合(もしくは裕福な方の場合)には、最初に紹介したように、「ウェブサイト印刷専用のソフトウェア」の導入はいかがでしょうか。

さぁ、ここまで説明した方法のどれかを使えば、かなりの数のウェブサイトは右端まで印刷できると思います。みなさん試してみてください!

2. ところどころ印刷されない部分がある

ところどころ印刷されない部分がある

二つ目の問題は、上の絵のような場合です。左側のような状態を、右側にしたいわけですね。これは、『背景の色と画像を印刷する』指定が有効になっていないことが原因の可能性があります。

Internet Explorer 7
背景の色と画像を印刷:IE7 [インターネットオプション]→[詳細設定]→[印刷]
Internet Explorer 6
背景の色と画像を印刷:IE6 [インターネットオプション]→[詳細設定]→[印刷]
Firefox
背景の色と画像を印刷:Firefox [ページ設定]→[オプション]
Netscape
背景の色と画像を印刷:Netscape [印刷プレビュー]→[ページを設定]→[書式とオプション]→[オプション]

どうでしょうか。ちゃんと印刷されましたか?

3. 画面の一部だけでいいのに、ページ全体が印刷される

これも、ちょっと紙がもったいないわけですね。地図の部分があればいいのに、会社案内ページ全部が印刷されて 3 ページになったり、ですとか。

プレビューで確かめて、ほしいページだけ印刷指定する

とりあえず基本ですね。実際に紙に印刷する前に、一度確かめることです。

画面上で選択して、選択した部分のみ印刷する

これはやっていない人も多いかも(私もつい先日まで知りませんでした)。ブラウザ上で印刷したい部分をマウスで選択して、印刷する際のプリンタや部数を選ぶ画面を開くと、ページ範囲(印刷範囲)の部分の『選択した部分』という選択項目が選べるようになります。これを選んで印刷すると、マウスで選択した部分のみが印刷されます。

これで、自分に必要な部分のみを印刷できます。ただし、ブラウザ上で自分のほしい部分だけをうまく選択できるかどうかは、ウェブサイトの作られ方によってはちょっと難しいこともありますので、一つ上のやり方も試してみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中